歯科で行える矯正方法はブラケットだけではない

白い歯

裏側矯正とマウスピース

female

歯並びは笑ったときや話すとき、物を食べるときなどのタイミングで人の目につく場所です。自分で鏡を通さないと見ることができないため気にならないという人もいます。しかし、人に見られることの多い職業をしている場合、歯が命といわれることもあるのです。それほど歯並びが見た目の1つとして重要な部分です。麻布十番の歯科では歯並びを治すための様々な治療方法があります。そのなかでも一番有名なのがブラケット矯正でしょう。これは歯の1つ1つにブラケットと呼ばれる装置をつける必要があります。そして、その装置にワイヤーを通すのです。通したワイヤーを引っ張ることで歯を動かします。この方法なら、たいていの歯並びに対応できるでしょう。また、0.1ミリという細かい調整を行なうこともできます。ただ、ワイヤーや装置が金属なので治療中に目立ってしまいます。そこで、麻布十番の歯科では裏側ブラケットと呼ばれる方法も用意しています。これは歯の表側ではなく裏側、舌が当たる部分に装置とワイヤーを取り付ける方法です。この方法なら笑ったときにも装置が目立ちません。さらに、舌が当たる裏側は表側より虫歯になりにくいので矯正中の虫歯抑制にも効果が期待できます。麻布十番の歯科では、ワイヤーを使わない矯正法もあります。それがマウスピースを使う方法です。マウスピースは歯型を元に透明でその人に合ったマウスピースをつけます。それを嵌めて過ごすことで歯を少しずつ動かすのです。定期的に新しいマウスピースと交換する必要があります。麻布十番の歯科では他にも多くの矯正方法があります。気になる場合は相談してみましょう。

治療期間は人による

women

インプラントは歯を綺麗にする方法の1つです。東京の歯科でインプラントを行なう場合、まずは精密な検査が必要です。その検査の結果を元に詳しい治療計画を立てるのです。治療には3ヶ月から1年以上の時間がかかるでしょう。

今は白い詰め物が人気

women

虫歯の治療といえば銀歯をかぶせるというイメージがあるでしょう。しかし、最近は白い詰め物が人気なのです。大阪市の歯科では詰め物にコンポジットレンジが使われます。これなら一度で治療が終わることもあるのです。

3つの改善方法

歯科

いびきは自分ではなかなか気づけません。しかし、周囲に迷惑をかけてしまいます。放っておくと恐ろしい病気にもなるのです。そんないびきを改善する方法の1つがマウスピースを装着することです。また、鼻マスクも効果的です。